個人情報の取り扱いについて

個人情報の送信や認証パスワードを使用するときの注意事項

インターネットで懸賞応募やショッピングを利用する場合、安易に個人情報を入力してしまいがちです。インターネットの世界でも一般社会と同じように犯罪行為が行われているのが現状です。個人情報が漏洩した場合、詐欺行為(悪質な請求など)に巻き込まれる可 能性があります。また、メールに限らずインターネット上の各種サービスで、認証パスワードを導入しているサイトが多数存在します。パスワードを他人に知られてしまうと、様々な犯罪行為に巻き込まれる可能性があります。パスワードは決して他人に教えない、また定期的に変更する ことが望ましいでしょう。

事例

・クレジットカードの番号入力をした場合、勝手な引き落とし・個人情報(住所・電話番号等)を入力した場合、 郵送や電話などの不当な請求・メールパスワードであればメールの盗み見やメールの消去・ショッピングサイトでの勝手な注文・オンラインバンキングでの勝手な引き落とし

ブラウザ から個人情報を入力する場合の注意事項

  1. まず、サイトの利用方法・請求手段などをよく確認して下さい。 通常の商取引を行うサイトでは、サイト内に利用規約や注意事項といった説明があるはずです。 確認できない場合は利用を控えた方が良いと思われます。
  2. URL が 「http:// 」ではなく、「 https :// 」で始まることを確認して下さい。 パソコンと Web サーバの間での通信が暗号化され通信経路上での盗聴が行いにくくなります。 
    ※ URL が「 https:// 」で始まっていても、信頼できないサイトでは個人情報の入力を控えることが望ましいでしょう。
  3. 大手のサイトでも必ずしも「 https:// 」で始まる URL を導入しているとは限りません。 最終的な利用判断は利用者個々の判断に委ねられます。
障害情報と
メンテナンスのおしらせ

Copyright  2010 Aitai net. All rights reserved.